日本多機能型精神科診療所研究会

2019-05-13

2019年5月26日(日)第5回 多機能型精神科診療所研究会浜松大会 

  • イベント:研究会
  • 開催日:2019/05/26
  • 会場:静岡県 浜松市医師会館講堂 7階ホワイエ
  • 会費:下記をご覧下さい。

大会長:大嶋正浩

大会担当:メンタルクリニック・ダダ

時間:9時~ 受付開始

   9時30~ プレプログラム

 10時~16時30分 プログラム

会員(団体/個人/賛助) 医師:6,000円    医師以外の職員:4,500円

非会員       医師:7,000円 医師以外の職員:5,500円

地区枠:(静岡県内) 医師以外の職員3,500円

学生:2,000円  ※学生の方も参加しやすいように学生枠を設けました!!

申込締切:5月18日(土)    ※申込締切日を延期しました!!

 

※前日5月25日(土)には、14:30~医療法人社団至空会の施設見学会、

19:30~懇親会を予定しています。

※5/25(土)見学会は、定員に達したため受付は終了いたしました。

 

※詳しくは、大会プログラム/見学会・懇親会チラシ/申込書/をご覧ください。

 

大会テーマ

「地域の中での多機能のすすむべき道

     ~現状からの発展を目指して~」

 

9:30~10:00 プレプログラム「児童を含んだ多機能型精神科診療所の紹介」

座長:遠藤 博久(ひろメンタルクリニック)

演者:武井 陽一(こひつじ診療所:静岡県袋井市)

   大瀧 和男(かずおメンタルクリニック:愛知県豊橋市)

 

10:00~10:10 開会挨拶

 

10:10~11:00 講演「成人精神科で児童思春期を診るコツ」

座長:肥田 裕久(ひだクリニック)

    清水 健次(ダダ第2クリニック)

演者:大瀧 和男(かずおメンタルクリニック)

    溝口 健介(ケンクリニック)

 

11:00~12:00 「全国各地の実践報告」

座長:斎藤 庸男(さいとうクリニック)

    福智 寿彦(すずかけクリニック)

    実践報告5ヶ所(7分発表 質疑3分)

 

13:00~14:00 

基調講演「630調査を通じて見えてきた日本の地域精神科医療」

座長:窪田 彰(錦糸町クボタクリニック)

演者:山之内芳雄(国立精神・神経医療研究センター)

精神保健研究所 所長補佐

精神医療政策研究部 部長

脳病態統合イメージングセンター(IBIC)副センター長(併任)

 

14:10~16:30 大会パネルディスカッション

「今後の地域の中での多機能のある道~現状からの発展を目指して~」

 

14:10~14:30 第1部

「多機能型会員へのアンケート結果のご報告」

発表者:大嶋 正浩(メンタルクリニック・ダダ)

 

14:30~16:30 第2部

「パラメディカルからみた地域での多機能型精神科診療所の意義・展開」

座長:原 敬造(原クリニック)

    岸 直樹(浜松市障がい者基幹相談支援センター)

演者:浜中 利保(三家クリニック 医療福祉相談室室長 PSW)

    福永 晋太郎(ケンクリニック コメディカル統括 PSW)

    川嶋 章記(相談支援センターだんだん PSW)

    福田 大輔(丸野クリニック PSW)

    東 健太郎(錦糸町クボタクリニック PSW 臨床心理士)

指定討論:上ノ山 一寛(南彦根クリニック)

 

16:30 閉会挨拶

窪田 彰(錦糸町クボタクリニック 院長

日本多機能型精神科診療所研究会 世話人代表)

    ※敬称略

Menu