日本多機能型
精神科診療所研究会

◆熊本地震被害へのお見舞い◆


この度の平成 28 年熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

お知らせ

●多機能型精神科診療所研究会費納入のお願い

会費:5,000円
(正会員、賛助会員)
お振込先:
三井住友銀行 錦糸町支店
店番号615 普通口座番号6776376
名義:日本多機能型精神科診療所研究会 代表者 窪田彰
 

●第3回日本多機能型精神診療所研究会開催のお知らせ

開催日:
2017年5月28日(日)
※前日の27日に懇親会を予定しています。
場 所:
宮城県仙台市
※大会会長に原敬造先生をお願いしています。
 

★詳細は追ってお知らせいたします。

 

●第2回施設見学会のお知らせ

日時:
2016年9月4日(日) 午前11時~午後16時(予定)
※9/11(日)から変更になりました。
会場:
メンタルクリニック・ダダ(〒434-0043浜松市浜北区中条1844)
※マイクロバスで施設群を回る予定です。
参加費:
五千円(予定)
お問合せ:
大嶋 メンタルクリニック・ダダ   
クリニック 053‐586-8001 fax 586-9029   個人携帯 090-2613-6462
メールアドレス dada9029@gmail.com

※定員になりましたので募集は締め切らせて頂きました。

※参加は非会員も可能ですが、参加者多数の時は 会員を優先いたします。

ごあいさつ

多機能型精神科診療所とは、精神科地域ケアを考えて診療を続けているうちに、必要に迫られて精神科デイケアや訪問看護などの諸機能を徐々に追加し、多職種で多機能になった精神科診療所を言います。自然発生的に発展した、日本の独創的な精神科地域ケアシステムだと言えます。

このように、多職種・多機能な活動へと発展して来た精神科診療所は、今日地域ケアに責任を持った活動を展開する力を付けて参りました。

多機能型精神科診療所が、将来に例えば市町村による委託事業となれば、地域ケアの予算とともに担当地域への責任と役割が生まれます。そして、現状の診療報酬制度を超えた多様な地域活動が可能になります。実際には今後の制度的発展はどうなるかわかりませんが、どのような形であれ私たちの働きが多機能型精神科診療所として、日本に本格的な精神科地域ケアの時代をもたらすことを目指すものです。

皆様のご参加をお待ちしております。

世話人代表 窪田彰